これからの子供たちに重要なのは債務整理に関する知識

いろいろな教育改革に関する政策の話が出ている。最近、驚いたのは、義務教育の段階で、プログラムを教えるということだ。

いい政策だと思う。最近で大ヒットの教育改革だと思う。

これで、日本全国にいろんな天才プログラマーが生まれて人工知能に関する先進国に日本はなる可能性が出てきた。

これはこれで、すばらしいことだが、もう1つ、提案がある。それは債務整理>問題に関する知識も義務教育の1つとして子供たちに教えることが大事だ。

もう、日本は高度成長の時代は終わった。これからは、低成長の時代を生きていかなくてはならない。

そうなった場合、一生、同じ会社で、勤め上げることは不可能となるはずだ。

リストラにあうだろうし、住宅ローンで破産する人もたくさん出てくるはずだ。そんな時代に生きていかなくてはならない子供たちに、自己破産や任意整理などの基礎的な知識を教えておくことは非常に大事になってくると思う。

なにわ金融道のような青年漫画を小学生に見せることはさすがに難しいが、インターネットで、債務整理の仕組みぐらいは教えておくことが大事だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です