フォルクスワーゲン問題の深刻さ

フォルクスワーゲンの不正問題が起きて1ヶ月くらいが経過した。各雑誌がいろいろな解説をしてくれるので車に全く詳しくない私もそれなりに詳しくなってしまった。

正直、これだけ悪質な不正をやってしまったフォルクスワーゲンは立ち直りが非常に難しいだろう。

フォルクスワーゲンだけの話ではない。ドイツ製品すべてに関しての信用が失われてしまうことがすごくたいへんだと思う。

先日、私が、買い物に行った時、ブルーベリージャムを購入した。以前までは少し高くてもドイツ製のブルーベリーを買っていたけど、今回は迷わず日本製のブルーベリージャムを買った。

私みたいな消費行動に出る人が全世界に20%いるとしたらドイツの輸出は20%減ることになる。こういうのは、じみに経済に効いてくると思う。

日本の製品の場合、正直なところが本当にすばらしいと思う。フォルクスワーゲンが不正をした大きな原因の1つには日本車へのライバル意識がある。日本の場合、環境車もすごいけど、軽自動車が最高の品質でできている。

こういうのは、外国の人に開発するのは無理だ。こういう日本人の女の子が見て、カワイイ車というのは、ユニークで斬新な教育の中で育った日本人の頭でしか考えつくことは不可能だ。

日本人の男性の場合、義務教育にはかなりの問題があるが、世界一のゲームや漫画の大国である。漫画やゲームを小さいころからガンガン楽しんでいるせいで創造性が信じられないくらい開発されている。

日本人女性もそうだ。現在、スマホの普及によって日本の陸上AVのような新しいタイプのアダルトコンテンツが大人気になっている。女子大生の陸上選手が出演するような陸上コスプレの作品などがすごい人気だ。驚くことに約半分の視聴者が女性になっているらしい。こういうのを批判する人たくさんいるが、ユニークな発想ができるすばらしい女性がたくさん育っているとも考えることができる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です